トーンモバイル(TONE)でポケモンGO

トーンモバイルでポケモンGOはプレイできる?

トーンモバイル(TONE)へ乗り帰る時に気になるのは

 

「ポケモンGO」が快適に使えるかどうかだと思います。

 

結論から先に言うとTONEのm15でポケモンGOは快適にプレイできます。

 

自宅に届いた端末にポケモンGOをインストールするだけでAR機能を

 

含めたポケモンGOのすべての機能を使うことができます。

 

 

→トーンモバイルの公式ホームページ「TONE」

ポケモンGOをプレイするにはm15の端末を選ぼう

トーンモバイルにはm15とスペックを下げて価格を抑えたm14の

 

2種類のスマホがあります。

 

ポケモンGOをするにはm15の端末一択です。

 

m14はポケモンGOに対応していたので間違って購入してしまうと

 

プレイできないので注意してくださいね。

 

実際に子供と私はm15を使ってポケモンGOをプレイしていますが、

 

とても快適にプレイできています。

 

 

さらに、トーンモバイルのm15はポケモンGOに最適化するように

 

ソフトウェアを改良して配信してくれます。アップデートするだけで

 

バッテリーの持ちがさらによくなり、他の人が使っている人よりも

 

バッテリー持ちが良くなるので頻繁に充電しなくていいので助かっています。

トーンモバイルのm15をポケモンGO専用端末にしている人が多い!

トーンモバイルの最大のメリットは安い月額料金でポケモンGOが

 

快適にプレイできるということです。

 

 

そのためポケモンGOを本気でやっている人はトーンモバイルのm15を

 

専用端末として購入して2台持ちして、プレイしています。

 

 

深夜の公園などにポケモンGOをしに行くと本気でやってそうな人は

 

ほとんど2台持ちで1台はトーンモバイルのm15を使っている光景を

 

よく見かけます。m15はポケモンGOをするには十分な性能なんです。

 

 

何と言っても、TONEのm15を超えるコスパのいい格安スマホは他にはないからですね。

スマホを持っていない人が最も安くポケモンGOができる端末

TONEはスマホを持っていない人がポケモンGOを始めたい!

 

というのに最適な格安スマホです。

 

なんといってもオプションをつけなければ月額たったの1000円で

 

初められてしまうのでどの格安スマホよりも安く始めることができます。

2台持ちのメリット

なぜ本気でポケモンGOをやっている人がトーンモバイルのm15と2台持ちするのかを

 

インターネットで調べまくったところ理由がわかりました。

 

 

2台持ちをするとジムバトル中もポケモンレーダーを使って、

 

周囲にいるポケモンを探すことができるのですごく効率的だから。ということでした。

 

 

ではなぜトーンモバイルのm15なのか?も調べたところ、

 

圧倒的にどの格安スマホよりもコスパのいい格安スマホだからということでした。

 

 

実際に使っている私からしてもこのコスパの良さは納得です。

 

銀行口座の残高が全然減らなくなるくらいお金がかからない格安スマホです。

トーンモバイルよりもコスパの良い格安スマホは他にない

これは実際に家族でトーンモバイルに乗り換える時に徹底的に調べましたが、

 

トーンモバイルを超えるコスパの良いスマホはありませんでした。

 

 

TONEのm15は本体価格29,800円(税抜)という激安価格にもかかわらず、

 

フル対応機種のどのスマホとくらべても最安値の端末価格になっています。

 

実は格安スマホを購入してもすべての格安スマホでフル機能が使えるわけではありません。

 

 

なぜなら、まずAndroidが4.4以上でないとダメだということと、

 

AR機能を使うためのジャイロセンサーが搭載されていないと使えないからです。

 

 

m15はどちらの機能も搭載しているためそのままポケモンGOでフル機能が使えます。

 

 

本体価格29,800円(税抜)の激安価格なのに

 

快適でフル機能が使える格安スマホはm15以外はありません。

 

 

 

→トーンモバイルの公式ホームページ「TONE」